EUエコラベルについて

EUエコラベルについて

「EUエコラベルについて」

「EUエコラベルについて」

欧州エコラベル制度は、3億7千5百万人ほどの消費者を対象として、持続的生産と消費パターンを改善する為の欧州委員会の重要な制度である。
この制度は様々な法的側面に準拠し、欧州エコラベル委員会(EUEB/European Union Eco-labelling Board)、メンバー国の担当機関、そしてステークホルダーの代表からなる諮問フォーラム(Consultation Forum)で構成される。
エコラベルを取得すると、一定期間有効性を取得し、年間費用を該当担当機関に支払う。

基準策定の方法は以下の通り

実現性と市場性の調査、ライフサイクル考慮、改善効果分析と基準の提案

2006年8月現在、23の異なった製品グループがあり、数百個の製品のために250以上の免許を与え、徐々に拡大している。
その内容とエコラベル取得企業はhttp://www.eco-label.com/default.htm(英文)で常に公示されている。

エコラベル基準を実務的に適用するための流れとしては、関係機関の手続き、技術や特許等の守秘性を保持しながらのオープンな諮問と透明性の確保がある。
欧州エコラベル委員会(EUEB)自体は、ドラフト作成を開始し、ワーキンググループを編成する。
もし承認されれば、ドラフトはインターサービスコンサルテーション(Inter-Service Consultation/欧州委員会の各事務総長で構成)に送られ、それからさらに投票を行うメンバー国代表からなる規制委員会(regulatorycommittee)に提出される。
多数決が得られれば、その基準は、評価と実証要求とともに公式機関誌に出版公表される。エコラベルのフラワーのマークは、環境のために最良とされる製品にのみ授与される。

EUエコラベルのオーガニックコットン基準

EUエコラベルのオーガニックコットン基準

EUエコラベルにおいてオーガニックコットンと表示する場合はオーガニックコットン基準(EEC no2092/91)に基づき第三者認定機関が認証する必要がある。
例えばある綿製品がEUエコラベルの繊維分野において認証を受けるだけでは環境にやさしいがオーガニックコットンとは言えない。
EUエコラベルとオーガニックコットン基準双方を満たすことによりオーガニックコットンの認証の信頼性を得ることができる。